学院案内

学院の特徴

事業所名所・住所

日本エナジー社会福祉学院
札幌市中央区北5条西6丁目1-23 第二道通ビル9F
>>地図で確認

理念

当学院は急速な高齢者社会の中で質の高い福祉を実現するために、優れた技術と人間性を兼ね備えた人材育成をすることにより、福祉の増進に寄与することを目的とする。

学則

留意事項、特徴、受講者へのメッセージ

「介護現場で働きたい。」そんな将来を描きながら新しい一歩を踏み出しましょう。

研修概要

対象

介護に従事することを希望するものであり、16歳以上の心身ともに健康である者

研修のスケジュール(期間、日程、時間数)

研修カリキュラム

定員(集合研修、実習)と指導者数

定員 30名
指導者数 14名

研修受講までの流れ(募集申し込み)

1.当社指定の申込用紙またはWebフォームに必要な事項を記入・入力し、郵便・Web手続きにより申し込む。

2.当社は申込内容を確認後、教材と受講料など支払いのための書類を受講者宛に送付する。これをもって受講申し込み手続きを完了。

3.受講者は教材到着後、指定の期日までに受講料などを納入する。

費用

59,800円(税込)

法人情報

法人格・法人名称・住所など

株式会社 日本エナジーバンク
札幌市中央区北5条西6丁目1-23 第二道通ビル8F
>>地図で確認

HPはこちら

代表者名、研修事業担当理事・取締役名

品川 功

修了評価

修了評価の方法、評価者、最履修などの基準

1.通信コース
通信課程において、4回に分けて添削指導を行うこととし、各回とも6割以上の正答率をもって合格とする。不合格となった場合には、所定の課題により、基準を満たすまで添削指導を行う。

2.修了評価は、全科目の修了時に、受講者の知識・技術等の習得度を評価するものとする。修了評価は、講師による実技評価と筆記試験により行う。

Ⅰ.実技評価は、研修科目「9.こころとからだのしくみと生活支援技術」の中で、介護技術の習得を講師が評価チェックリスト使用し評価を行い合格とする。
不合格となった場合には、補講を行い再評価する。基準を満たすまで繰り返す。

Ⅱ.筆記試験は、各科目において5割以上、全体に対する6割以上の正答率をもって合格とする。不合格となった場合には、後日再試験を行い再評価を行う。
基準を満たすまで繰り返す。修了試験が再試験になった場合には、再試験料3,000円(税込)を支払うものとする。

実績情報

過去の研修実施回数(年度ごと)

平成27年度
昼間コース6コース
夜間コース2コース
合計8コース

過去の研修延べ参加人数

平成27年度
昼間コース30名
夜間コース11名
合計41名

連絡先など

申し込み・資料請求先

日本エナジー社会福祉学院
TEL:011-522-6306
>>資料請求/問い合わせはこちら
>>WEBからの受講申し込みはこちら

法人の苦情対応者名・役職・連絡先

株式会社 日本エナジーバンク
代表取締役 品川 功
TEL:011-218-7060

事業所の苦情対応者名・役職・連絡先

株式会社 日本エナジーバンク
介護事業部 教務主任 森 祐一
TEL:011-522-6306